え、僕ですか?

感じたことをそのまま

え、僕ですか?

「セル」ホラー映画 日本公開日決定!!最新情報

f:id:go12345:20161211183243j:plain

Instagramより出展

ホラー映画

セル

公開日 2017年2月17日

原作 スティーヴン・キング

 

キターーー。朗報だ。全国のホラー好きよ。

スティーヴン・キング原作のホラー映画だ。

このブログでは、

gogo5.hatenablog.jp

gogo5.hatenablog.jp

 

gogo5.hatenablog.jp

 

 この3つを過去に紹介したことがあります。どれもスティーヴン・キング原作のホラー映画で、至極の2本です。(itは至極ではない!!)

 

他にも、「ミスト」や「1408号室」、僕が愛してやまない「スタンド・バイ・ミー」の原作者でもあります。

 

そんな彼の原作、最新映画「セル」が公開決定と言うことで、調べた最新情報をお届けしようと思います。

 

最新情報

あらすじ

本作の物語は、ボストンの空港からスタートする。コミック作家のクレイは、別居中の妻と息子へ電話を掛けるが、携帯の充電が無くなってしまい、話が途中で切れてしまう。すると、携帯で話していた周囲の人々が突然暴徒化し始め、一瞬にして空港はパニック状態に。何とか地下鉄へ逃げ込んだクレイは、車掌トムと少女アリスの協力を得て、妻と息子が住むニューハンプシャーを目指すのだが…。

クランクイン!!より出典

周囲の人々が突然暴徒化=ゾンビ映画なのか・・・(ゾンビ映画です!)

 

本作の主人公、クレイを演じるのはジョン・キューザック。製作総指揮も兼任している名優です。そして、クレイの仲間トムを演じるのは、このブログでも紹介した「パルプ・フィクション」に出演している、サミュエル・L・ジャクソンです。ちなみにこの2人、映画「1408号室」でも共演している名コンビです。

 

そしてそして、ヒロインのアリス役を演じるのは、イザベル・ファーマン!。「エスター」のあの子ですよ。この子☟

gogo5.hatenablog.jp

写真を見たら、「いつの間にこんなに大きくなってんねん。」ってツッコミたくなりましたが、これだけの豪華キャストが出演ということで、期待が高まるばかりです。

動画・画像

最新トレーラーです。



この動画を見てゾンビを分析。

  • 携帯を媒体としてゾンビ化。
  • 走ることができるゾンビ。
  • 武器を扱うことができるゾンビ。
  • 群れをなして基本は行動する。
  • 昼間でも多感に行動する。
  • ある程度理性がありそう?

おいおいおい、今回のゾンビは強敵だぞ。妻と息子の元に帰れんのかこれ。

あくまで僕の予想ですが、バッドエンドになる気がしてしょうがない。なんとなく。

f:id:go12345:20161211183640j:image

f:id:go12345:20161211183642j:image

Fanatic (@Fanatic04986107) on Twitterより出展

まとめ

久しぶりに楽しめそうなホラー映画がやってくるということで、公開日に直撃しようと思っています。この記事も随時更新していこうと思うのでよろしくお願いします。

 

広告を非表示にする
人気記事