読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

え、僕ですか?

感じたことをそのまま

え、僕ですか?

ミザリー{あらすじ•評価} 熱狂的なファンているよね?行き過ぎ注意!

f:id:go12345:20161123205924j:plain

ホラー映画

ミザリー

原作 スティーブン・キング

1990年 アメリカ ホラー映画。
主演のキャシー・ベイツがアカデミー主演女優賞を受賞した。
 
 
以前このブログでも紹介した、「シャイニング」の原作者と同じです。ミザリー、狂気の女ですね。人の愛は、一歩間違えれば刃物になります。それを、この上なく表現しているのが本作品。この映画を見ていると、主人公ポールを不思議と応援している自分がいます。
 
この作品はホラー映画の中でも、驚くと言うより、精神をじわじわ削られてく系の映画です。鑑賞中に、「やめて、やめてー」と心の中で、叫んでいます。グロテスクな部分は少なく、見やすい作品だと思います。
 
では、いつも通り、ネタバレなしで簡単に紹介します。
 
 
  

あらすじ

大衆向けロマンス小説「ミザリー・シリーズ」の作者である流行作家のポール・シェルダンは、「ミザリー・シリーズ」最終作に続く新作を書き上げた後、自動車事故で重傷を負ってしまう。そんな彼を助けたのは、ポールのナンバーワンのファンと称する中年女性アニー・ウィルクスだった。看病といいつつポールを返さず、拘束・監禁するアニーは、次第にその狂気の片鱗を垣間見せ始める。そんな時、「ミザリー・シリーズ」最終作が発表されるが、内容が自分のイメージと違うと書き直しなど無理難題を付けはじめ、ポールも彼女の狂気に気づき脱出を試みる。
wikipediaより引用
 
 アニー・ウィルクス(キャシー・ベイツ)は、ポール・シェルダンジェームズ・カーン)の書くミザリーシリーズの大ファン。そんなアニーは、ポールの書き上げた「ミザリー・シリーズ」最終作の結末に納得がいかなかった。
最初は看病のつもりで助けたポールを、あらゆる口述で、家の外に出ることはできないと騙し、その横暴さはついに限度を超えていきます。手に汗握るホラー映画。
 f:id:go12345:20161123205945j:plain

注目ポイント

アニー・ウィルクスの豹変
完全に途中からおかしくなります。やさしそうなおばちゃん➡サイコババァ。
こいつの暴走は誰も止められません。どこかで急にスイッチが入るので、そこをぜひそこに注目して頂きたい。
 
ポール決死の作戦
アニーから逃げるために様々な、作戦を考えます。ホント、アニー怖すぎて、僕はポール全力応援でした。作家というステータスをうまく利用し、どう脱出を試みるのか。
 
 

評価

yahoo!映画:4.2/5

 

僕評価     :4.2/5

 

ヤフーと珍しく気が合いました。ホラー映画の中でも名作中の名作。緊張感をもって見れるところも、評価の高い理由です。

世の中には、ジャニーズファン、AKBファン、小栗旬のファン、様々なファンが存在するけど、あなたは踏み入れてはいけない領域に立ち入っていませんか?いつのまにかアニーみたいにならないように、ほどほどに応援しましょう。

 

広告を非表示にする
人気記事