読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

え、僕ですか?

感じたことをそのまま

え、僕ですか?

コンスタンティン ネタバレ&感想 タバコはやめましょう。

映画紹介 映画紹介-ホラー

f:id:go12345:20161110193130j:plain

監督 フランシス・ローレンス

出演者 キアヌ・リーブス

            レイチェル・ワイズ

2005年制作、アメリカのファンタジーアクション映画

 

今回はひたすら感想(ネタバレしながら)書きます。

1

主人公であるジョン・コンスタンティン(キアヌ・リーブス)は、肺ガンを患っていて、余命もあとわずか。「っておい、主人公大丈夫かよ」

しかも、その原因のおおもとがタバコによる影響だと思われる。タバコはやめましょうってことね。だけど、この映画最後まで見ると、タバコ吸ってる姿カッコ良すぎってなっちゃうんだよね。ちなみに吸ってる銘柄、ラッキーセブンかな?

で、このコンスタンティンは人間以外が見えてしまう、特殊スキルを持っています。

人間以外というのも、この映画では、天国、人間界、地獄の世界があって、それぞれ天使、人間、悪魔が存在している設定です。天使は人間界、地獄を自由に行き来することができず、人間、悪魔もまた同じように行き来が禁止されています。しかし現実では、「ハーフブリード」と呼ばれる、人間と天使、人間と悪魔のハーフが存在していて、そいつらが人間界で悪事を働いてるから、コンスタンティンが特殊スキルを活かして、そいつらを退治する話です。

2

アンジェラ・ドッドソン(レイチェル・ワイズ)の妹(イザベル)が精神病院の屋上から自殺をしてしまいます。キリスト教では、自殺することそのものが罪なので、地獄行き決定なのです。ちなみに、コンスタンティンも特殊スキルのせいで小さい頃自殺を図っているので地獄行き決定です。(善行に近い悪魔退治を続けていれば天国に行けるとおもっている。)

 アンジェラはイザベルの自殺を理解できず、コンスタンティンに調べてもらいます。コンスタンティンは地獄に行き、イザベルを発見。そこで、メッセージを受け取ります。その後、おデブのヘネシー(協力者)が死にます。そいつの手首にマモンの印が刻まれていました。これは、ヘネシーからの隠されたメッセージでした。

3

妹の自殺の理由が分からず、コンスタンティンはアンジェラを犯罪まがいの脅迫で追い詰めます。どうやら、アンジェラ&イザベルは小さい頃から、特殊スキルを使えていたらしく、アンジェラは妹のイザベルが精神病院へ連れて行かれるのを見て、封じ込めていたみたいです。

いかにも弱そうなビーマン(協力者)がマモンはサタンの息子で人間界を制圧しようとしていると教えます。制圧するには人間界に行く必要があり、その媒体として、霊感の強いイザベルを使おうとしていたという、事実を知らされます。このマモン人間界誕生のお手伝いさんをしようとしていたのが、バルサザールとガブリエルのハーフブリードたちです。ビーマン死んだのかな?

で、イザベルがいなくなってしまったから、同じ特殊スキルをお持ちの姉アンジェラが狙われるハメになります。コンスタンティンと有能な助手チャズはバルサザールを倒し無事アンジェラを助けますが、チャズはこの戦で戦闘不能になります。助けられたはずのアンジェラでしたが、マモン誕生の媒体にされそうになります。

4

「光の中に現われよ」コンスタンティンが必殺技を使います。隠れていたガブリエルが現れます。

コンスタンティンはガブリエルを戦闘不能にするため、自殺をしてサタンを呼びます。

サタンはガブリエルの翼を焼き払い、陰謀を止めました。これにより、天国と地獄の均衡は保たれました。

サタンはコンスタンティンに見返りを問います。「イザベルを天国へ」

この行為が、自己犠牲(善行)と見なされ天国へ導かれます。しかし、サタンはコンスタンティンが欲しいがために、肺ガンを取り除き、彼の寿命を延ばします。   

アンジェラとコンスタンティンはいい感じになります。けど、結局キスシーンはお預けです。

なんでだろ〜なんでだろ〜なぜだなんでだろ〜

 

 

評価

yahoo!映画 3.6/5

 

僕的評価  3.0/5

 

はっきり言おう。この映画わかりにくい。

キアヌ・リーブスがとにかくカッコいいそれだけの映画です。

悪魔とか天使とかの類が好きな人にお勧めしたい1本です。

アクションもそこそこで見応えはないかも。

 

gogo5.hatenablog.jp

 

 

gogo5.hatenablog.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

            

広告を非表示にする
人気記事