え、僕ですか?

感じたことをそのまま

え、僕ですか?

シックス・センス {あらすじ•評価} 五感を超えろ!

f:id:go12345:20161109004503j:plain

シックス・センス

脚本 、監督 M•ナイト•シャマラン

出演者 ブルース•ウィリス

            ハーレイ•ジョエル•オスメント

            オリヴィア•ウィリアムズ

1999年 アメリカのホラー映画

アカデミー賞では、作品賞、監督賞、脚本賞助演男優賞助演女優賞にノミネート。

 

「この映画にはある秘密があります。まだ映画を見ていない人には、決して話さないで下さい」

そう、この映画にはとんでもない秘密が隠されています。勘の悪い僕には最後まで分からなかった。どんでん返し映画の中でもトップクラス。

 

一応、部類としてはホラー映画になります。

うーん、ホラーと言っていいのかな。あまりの衝撃に僕は感動してしまいました。思わず涙する人がいてもおかしくありません。ホラー映画では、珍しいことですね。

 

もちろん所々には怖さ、驚く場面があることがなお良し。グロテスクな部分は、ほとんどなかったので、そういうのが苦手だって人も是非見てください。

 

ブルース・ウィリスって誰?という人、

「ダイ•ハード」は彼が主演を務める有名な映画です。

 

では、いつも通り簡単に紹介行きますね。

もちろん、一切ネタバレはしません。見て欲しいから。

 

目次

 

あらすじ

マルコム・クロウ(ブルース・ウィリス)は第1線で活躍する小児精神科医で多くの子供を心の病から救ってきた。ある晩、妻(オリヴィア•ウィリアムズ)と家で過ごしていると患者であるヴィンセントが拳銃を片手に侵入。そこで、マルコムを撃つと自殺をしてしまう。これは、彼の魂に耐え難い傷を残す結果となった。

それから1年、妻との関係も上手くいかず、マルコムは苛立ち、苦悩と悲しみに暮れていた。

そんなある日、8歳の少年コール(ハーレイ・ジョエル・オスメント)と出会う。彼には秘密があった。死者が見えるという。その事を誰にも話せず悩んでいたのだ。

「少年コールと精神科医マルコム この2人が最後に行き着く真実とは」

 

第六感     基本的に、五感以外のもので五感を超えるものを指しており、理屈では説明しがたい、鋭くものごとの本質をつかむ心の働きのことである。

 コールはこの第六感を持ってる少年なんですね。そりゃー死者が見えたら、誰でも悩みますよ。

 

ちなみに僕は中学校2年生まで幽霊にビビってました。部屋の電気とか寝る時、消したくないもん。

次はあんま見なくていいかも。何も知らないで見た方が騙されるから。

 

 

注目ポイント

 

死者たちの訴え

死者たちはコールに何かして欲しくて訴えています。一体、死者たちはコールに何を望むのか?それを一緒に考えていくと、より楽しめると思います。

 

マルコムとコール

やはり注目すべきはこの2人。基本的には彼らが中心となり物語が進むので、この2人の心情をつかみとりながら見ていただきたい。そうすると、この映画の真実にいち早くたどり着けるかも?

 

 

 

評価

 

 yahoo!映画:4.2/5

 

僕評価   :4.51/5

 

 はい、点数高いです。

自身を持ってオススメできます。

友達と見るのもよし、彼氏、彼女と見るのもよし、家族で見たっていい。

もちろん1人で見たって楽しめる。あ、1人で見る方、気を付けてね。

いつの間にか1人じゃなくなってるかも

この映画を見てみんな騙されちゃってください。

 

 こっちもみてね

 

gogo5.hatenablog.jp

 

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

広告を非表示にする
人気記事