読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

え、僕ですか?

感じたことをそのまま

え、僕ですか?

参拝するときは、お守りをまず最初に買うことの意味。

 f:id:go12345:20170123225815j:plain

お参り

皆さんは今年お参りに行かれましたか?日本では特に、新年に神様へ挨拶をしに行く方が多いのではないでしょうか。

 

筆者自身は、最近神社へ行く機会がなかったのですが、なんとも耳寄りな情報を手に入れました。

 

あるラジオで島田秀平さんがおっしゃっていたのですが、どうやら神社での参拝の仕方が、間違っている方が多いらしいです。それも、お賽銭や参拝、手水舎の細かい手順ではなく、根本的な順番が違っているとか。

 

それは、お参り、おみくじ、お守りの順番が違うみたいです。筆者人身が最後に参拝へ訪れた時は、「まずはお参りへ、次におみくじを引いて、最後にお守りを買う。」ほとんどの方がこのような順番になるのではないでしょうか?

 

だがしかし、島田氏によると、これでは神様の力を授かることができないらしいのです。ではどのような順番が正しいのか、、

 

「お守りを買って、お参りをし、最後におみくじを引く。」

 

この順番が一番神様からの恩恵を授かれるそうです。最初にお守りを買う?驚かれた方が多いのではないでしょうか。

 

島田氏によると、買ったお守りを持って参拝をすることで、そのお守りに神様の力を入れることができるようです。そして最後に、一番恩恵の小さなおみくじを引くようですね。さらに豆知識として、おみくじの効果は引いてから3週間程度だとか。そんなに長いこと続くわけではないようです。なので凶や末を引いても、そこまで気にする必要はないようですね。

 

うーん、そんな参拝方法があるとは知らなかった。え、それじゃーほとんどの人が正しくできていなかったのかな?

 

ということではなく、あくまで島田流のやり方らしいので、そんなに気にすることではないのかもしれません。

 

新年を迎えてすでに半月が経過しましたが、これから参拝に行かれるという方、是非この順番を試してみてください。もしかしたら、あなたの願いが叶う手助けになるかもしれません。

広告を非表示にする
人気記事