読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

え、僕ですか?

感じたことをそのまま

え、僕ですか?

天才レフティー中村俊輔、移籍の決断。来期は名波と!

天才レフティ中村俊輔

サッカー界では、中々の衝撃的なニュースでした。中村俊輔さんが、ジュビロ磐田への移籍の決断を下しました。彼は、プロデビューを果たしてから、Jでは横浜F・マリノス一筋だったので、それだけに、ほとんどの人がマリノスで現役を終わらせると思っていました。

www.f-marinos.com

 

本人からのコメントが、マリノスの公式ホームページにありました。「純粋にサッカーを楽しみたい。」「サポーターにとても感謝している。」というような言葉が綴られています。

 

大事なことですよね。サッカー選手を含むスポーツ選手なんかは、特に寿命が短いですから、何より楽しんで欲しいし、サッカー好きとしても、そんな選手のプレーが見たいです。

 

2000年、そしておしくも優勝を逃した2013年には、JリーグMVPをとっています。38歳と、スポーツ選手としては最後の段階ですが、来期はジュビロで大活躍してほしいです。

 

ジュビロ磐田への移籍 なぜ?

実はわたくし、昔はジュビロ一色の人間でした。今は?と聞かれると、応援にも行っていないので、サポーターとまではいきませんが、気になるチームではあります。

 

何より、なぜジュビロを選んだのか

 

本人も言っていたのですが、名波監督の存在が一番大きかったと思います。この2人ってどこか似ているんです。

 

同じレフティーで、名キッカー、そしてゲームメーカーでもあり、統率力もある。これほど似ている選手だからこそ、分かり合えることもあるし、何より信頼感が生まれると思うんです。

 

俊輔選手も38歳にもなるので、できるだけ自分のストロングポイントが分かる人が、近くにいて欲しいと思うんです。そしてジュビロ側も、小林祐希が抜けた今、中村俊輔ほどの素晴らしい選手が入ることは、チームにとってかなりのプラス戦力ですよね。

 

ジュビロの公式ホームページによると、10番を背負うことも決まっているようなので、是非、ここ最近では、低迷ぎみであるジュビロを、盛り上げていって欲しいです。

 

僕の感想

今回の移籍、マリノスサポーターには悪いですが、僕は大喜びでした。

 

なぜなら、僕が一番最初に購入したユニフォームが、ジュビロの名波。そして、日本代表のユニフォームで一番最初に購入したのが、中村俊輔だったからです。

 

僕も同じレフティーだったので、彼らほど愛して、憧れた選手はいませんでした。だからこそ、監督と選手という立場とは言えども、同じピッチで戦うことに、かなり興奮しています。

 

2017年は、よりジュビロ磐田に注目していこうと思います。

 

 

 

夢をかなえるサッカーノート

夢をかなえるサッカーノート

 

 

広告を非表示にする
人気記事