え、僕ですか?

感じたことをそのまま

え、僕ですか?

宇佐美貴史 地元紙痛烈批判 踏ん張り時だ、ガンバレ!宇佐美

アウクスブルクに所属している宇佐美貴史が、どうやら不遇な扱いを受けている。

 f:id:go12345:20161124105545j:plain

宇佐美貴史(24)

ポジション ウイング

クラブチーム ガンバ大阪

       バイエルン・ミューヘン

       ホッフェンハイム

       ガンバ大阪

       アウクスブルク

 

簡単に紹介させて頂きました。

ドイツへの挑戦は、今回で3回目になるんですかね?バイエルンなんかは、ドイツのサッカーチームの中では名門。(ただ、ドルトムントの下部組織出身選手を、どんどん引き抜いていくのがきにくわん。)ブンデスでの優勝はもちろんのこと、チャンピオンズリーグも過去に制しています。宇佐美選手は結果的に、公式戦5出場に終わったのですが、当時はあの若さで挑戦と言うこともあり、かなり期待されていました。(ロッペンとリベリーいるし、しょうがない。)その後、ホッフェンハイム期限付き移籍をしたのですが、チームの不振によりガンバに帰ってきたんですね。

ガンバでの成績は素晴らしく、得点数もjリーグではトップ争いをしました。そのこともあり、日本代表(A代表)に選出されるようになり、海外からの視察も増えていきました。ハリル監督も太鼓判を押していることもあり、ガンバで3年間の活躍を経て、ドイツへの挑戦を決断したんですね。

 

そんな宇佐美選手なんですが、YAHOO!ニュースを見る限り、出場機会に恵まれていないようですね。僕自身も海外サッカーはチェックしていますが、最近宇佐美選手の名前を聞きませんでした。どうやら原因は、監督のフィジカル重視のサッカーにフィットしていないところのようです。俗に言う「構想外」ってやつですね。監督が代わるとチームが変わるなんてよく聞く話で、意外に大きな問題なんです。実際に、シュースター監督がヘルタ戦で、多くの攻撃的な選手が離脱してる中、SBの選手をWGに起用したとのことで、地元紙では宇佐美選手の獲得に疑問の声があがっているようです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161123-01742209-nksports-socc

 

 

フィジカル重視。うーん、宇佐美選手の持ち味はテクニックなので厳しい戦いが予想されますね。でも頑張りどころなんですよね、今。A代表も宇佐美選手と同ポジションの選手の活躍が目まぐるしいから、ここでアピールをしておかないといけません。ハリル監督もフィジカルのことに関して、度々発言しています。「体脂肪率を一桁台にもってこい」これは、遠まわしに「フィジカル強くしろ」と言ってるようなもんです。

 

同ポジションと言えば、原口元気前回のアジア最終予選を見てもわかりますが、原口選手の走行距離とスプリント数は、代表でもトップの位置にあると思います。それにプラスして、体幹も強くなっていて、体で競り負けることや、体の軸がぶれてシュートに抑えがきかないことも、少なくなっています。ここまでレベルが上がっているのも、ドイツでの経験値が要因の一つだと考えられますね。

(僕はレベルアップしませんでした笑。)

 

f:id:go12345:20161124110218j:plain

だからこそなんですが、宇佐美選手、もうひと踏ん張りしてほしい。日本の戦力アップはもちろんのこと、今こそ世代交代をする時期だと思います。結果を残すためなら正直、冬での移籍も考えていいと思いますね。次の最終予選まで、残すとこ半年?一年?

A代表で活躍できることを願うばかりです。

 

gogo5.hatenablog.jp

 

広告を非表示にする
人気記事