え、僕ですか?

感じたことをそのまま

え、僕ですか?

サッカー アジア最終予選 絶対に負けられない戦いがそこにある!

はじめに

 

サッカー日本代表 アジア最終予選

日本VSサウジアラビア 11月15日 HOME 見事勝利

 

いよいよ大事な試合が迫ってきました。

f:id:go12345:20161108135101p:plain

日本は今、3位に位置づけてますね。(二位に浮上しました。)

この最終予選を勝ち上がれないとワールドカップに出場はできません。

はっきり言って、サウジアラビア戦 ホームでの試合。勝てないとつらいです。

だから、皆さんも応援してほしい。

というわけで、僕が注目する選手を紹介します。

この選手を知っておけば、普通に見る以上に盛り上がれること間違いなし。

注目選手

香川真司 Offensive Helf

 

サッカーをご存じない方も聞いたことのある選手だと思います。オフェンシブハーフは簡単にいうと攻撃的なポジション。点を取るために中心となって動く選手と覚えて頂ければ大丈夫です。香川選手の仕事としては、ボールをとにかく動かすことです。

そして、注目してほしい所はターンです。


香川真司 鋭いターンから強烈シュート!オッド戦 8月27日

0:19あたりですね。とにかく速い。ボールをもらってから、シュートまで持ってくスピードがずば抜けてます。Dfは当然ブロックするために、体を寄せていますが間に合ってないです。

もちろんシュートシーンだけでなく、相手の選手を振り切るために所々でターンを使っています。少し注目して見てください。

 

原口元気 Left Side Helf

 

サイドハーフ、このポジションはとにかく運動量が大事です。攻めることはもちろんですが、守ることも重要なポジションですね。このポジションでボールを奪われると、カウンターの起点になりやすいです。

原口選手の特徴と言えば、カットイン(サイドから中央にドリブルする)してからのシュートです。


2010年10月16日 浦和レッズvsセレッソ大阪 原口元気のゴール

代表戦でもよく見ると思います。Dfは予測ができていないので完全にフリーで打たせてます。

カットインと言えば、有名な選手にロッペン(オランダ代表)がいます。

「目の前のサイドバックセンターバックが、僕のカットインを予測していることを、僕も予測しているから。読まれてもそれを超えるプレーをこちらがすればいい。カットインのポイントはふたつある。コンマ数秒のタイミングを見はからい、自分の間合いに持ち込んで仕掛けること。そして、どれだけ自陣を固めてもディフェンダーディフェンダーの間に必ず生まれる、小さなギャップをみつけることだ。それができれば、相手に読まれていようが問題はない」引用-Number Web

 

原口選手も最近では、切り込んだあとにさらにワンアクションいれることが多いです。

ぜひ、注目して見てください。

 

山口蛍 Center Helf

蛍選手、イラク戦では劇的ゴールを生み、日本に勝利をもたらしました。攻撃はもちろんのこと、彼の特徴はその守備力。日本にとってカウンターは1番と言っていいほど怖いものです。

しかし、蛍選手はその相手のチャンスをことごとく潰し、逆に日本のチャンスに変えています。


【SAMURAI BLUE】日本代表 山口蛍のインターセプト → 大迫勇也のクロス → 武藤嘉紀 - JPN vs IRQ 2015.6.11

 

 

上手ですね。インターセプトのタイミング、その後の早い判断からのパス、どれをとっても一流です。日本のピンチを救ってくれるように期待しましょう。

やべっちFCの特集でも言っていましたが、インターセプトにおいて重要なのは、FWやMFとの連携だそうです。FWが相手のパスコースを限定することで、ボールを奪うスキを作るんですね。 

あと、もう1つ注目してほしいのがパススピードです。蛍選手を見てると、通常よりも速いスピードのボールを、前線へ供給することがあります。これにより、相手が守備の陣形を整える前に一気に攻め込めるんですね。このシーンは特に、他の選手も連動して一斉に動くので見応えがあります。

大迫勇也 Center Forward 

「大迫半端ないって」全国高等学校サッカー選手権大会準々決勝での相手選手のインタビューでの言葉です。

今回は、久しぶりの代表復帰。

「とにかく得点を決める」

ほとんどのインタビューでこれを発言してます。熱い。原口選手に続き熱い男が帰ってきたのでしょうか?

彼の特徴はオールラウンドプレーヤーと言うことです。オールラウンドと言うのは、全ての役割を平均以上の実力でこなしてしまうということです。パスのセンス、ボールタッチの技術、シュートセンス、ドリブル力、すべてを上手くこなせる選手は中々いないです。ぜひ、今回を機に活躍してほしい。そしてみんなで、

「大迫半端ないって」と呟きましょう。

オマーン戦でも2得点と大活躍。期待がかかります。

 

西川周作  Goal Keeper

キーパーと言ったら、ビッグセーブ。確かにそこに注目されがちですが、西川選手の1番の特徴は正確なキックですね。ビルドアップが上手いです。サッカー用語でビルドアップはよく使われますが、意味としては攻撃の組み立て、点を取るための起点のようなものです。

サッカーにおいて攻撃はキーパーから始まると言っても過言ではありません。最近ではキーパーさえ足元の技術がかなり問われています。

西川選手のパントキック(ボール持ってけるやつ)が正確であればあるほど、いち早く攻撃に移ることができます。

今、ハリル監督は「縦に早い攻撃」を目指してますよね。だからこそ、西川選手はとても重要な選手です。必ずや、サウジアラビア戦でも無得点にしてくれるはず。

 

清武弘嗣 Offensive Helf

香川選手と熾烈なポジション争いをしている選手です。香川選手と比べて、多彩なパスが魅力的な選手で、相手の裏をかくパスはもちろんのこと、セットプレーのキッカーとして大活躍。足元の技術もトップクラスで、時々トリッキーなフェイントも見せてくれます。オマーン戦でも、1ゴール2アシスト。個人的には、Man of the mach。大迫にあげたいところだけど、清武にあげちゃいます。

サウジアラビア戦では、得点はもちろんのことアシストにも期待したい。

 

最後に

 いかがでしたでしょうか。一部の選手を紹介しましたが、まだまだポテンシャルを秘めた選手が沢山います。

サウジアラビア戦まで後1日。香川選手や長友選手の怪我が心配されますが、きっと勝ち点をもぎ取ってくれるはず。いや、勝たないとダメなんです。

みんなで精一杯応援しましょう。目指させW杯!

 

 

にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
にほんブログ村

広告を非表示にする
人気記事